タイトル:九羽の白鳥 とりどり日記

[ 蓮田のひとこま ]

2020/4/4 ミサゴ Osprey

春の渡りのシギチを求めて、まだ時期尚早と思いつつも出掛けてみることにした。いくつかの蓮田を回ってみるが、やはりというか当然と言うか出会いはほとんどない。ひとつの蓮田に差し掛かると水がたっぷり入った蓮田の奥の方に、何やら鳥影がある。背中側しか見えず、一体何者だろう?と思った瞬間、チラリとこちらを振り向いた。何とミサゴである。

慌ててカメラを向けてみると、勢いよく水浴びを始めた。顔がほとんど見えず背中側ばかりだが、そのうち、きっとこちらを向くこともあるだろうとシャッターを押し続けた。何回か、チラリとこちらを向く瞬間があり、ドキドキしながら撮影した。今季、何故か一度もミサゴとの出会いがなかったので、この出会いは、ことさら、嬉しかった。

2020/4/3 ベニシジミ

ベニシジミの画像

風はあるものの、ほんのり暖かくて外の景色を楽しみたい。そう思って自宅を出た。ゆっくりゆっくり歩いてみる。桜の木に飛んで来たのは、シジュウカラ。枝が顔にかかって写真は、諦めた。

少し歩くと菜の花が咲いている一角がある。そこで足をとめ、周りを見渡すと、ベニシジミが止まっている。少し前から、ベニシジミが見られるとの風の便りがあったが、まさに今、ベニシジミが目の前にいる。良く良く見ると何と全部で7~8頭のベニシジミの姿を発見。近くには、スノーフレークもひっそりと咲いていた。

2020/4/2 ハイイロチュウヒ・チュウヒ

ハイイロチュウヒの画像

四季折々、田んぼは、様々な姿を見せてくれる。シギたちの春の渡りや秋の渡りも温かく迎え入れ、また次の年へとつないでくれる。寒い頃に田んぼに姿を見せるのは、猛禽である。良く見かけるのがノスリ。続いてチュウヒ。ハイイロチュウヒとの出会いの機会は少ない。

この冬、ノスリには、良く出会ったが、ハイイロチュウヒやチュウヒとの出会いは、皆無に等しい。そのような中で、ハイイロチュウヒとチュウヒに出会った。田園地帯を悠々と飛ぶ姿は、何とも頼もしい。もうすぐお別れ。また来季の出会いを楽しみにしている。

2020/4/1 セイタカシギ Black-winged Stilt

セイタカシギの画像

春の渡りには、まだ少々早いかもしれないと思いつつ、やはり気になり、蓮田に足を運んでみた。予想通り、蓮田は、ひっそりしている。それでもコチドリの可愛い声を久しぶりに聞き、姿を見てほっと一安心。ネットが張り巡らされた蓮田では、なかなか鳥たちも寄りつかない。

冬の間からずっと姿を見せているセイタカシギ。一時、姿が見えなくなったが、元気な姿を見ることが出来た。ちょうどタイミング良く飛んで近くに来てくれた。スラリと長身のセイタカシギ。まだしばらく滞在してくれることだろう。

2020/3/31 コチドリ Little Ringed Plover

コチドリの画像

ソメイヨシノの開花が例年より早いようで、近隣の桜は、もう満開の時期を過ぎている。寒い間、わずかながら越冬のシギチの姿を楽しませてもらった蓮田地帯。ずっと気になっていたが、もうそろそろ渡りの兆候があるかもしれないと足を運んでみた。

前回は、全くシギチとの出会いがなく、がっかりして帰宅したのだが、今回は、真っ先にコチドリが出迎えてくれた。そして、あの可愛い声をたっぷり聞かせてくれたのである。コチドリの声を聞き、姿を見ると「春が来たなあ!」としみじみ思う。この日、30羽近くのコチドリの姿を見た。いよいよ渡りの開幕だろうか。

2020/3/30 アカハラ Brown-headed Thrush

アカハラの画像

桜の花がほころび始めた公園に久しぶりに立ち寄ってみた。枯れ草ばかりが目立っていた公園だが、緑の草の芽があちこちから顔を出し、春の訪れを告げている。

さっと目の前を横切って行ったのは、紛れもなくアカハラ。前回、この公園に立ち寄った時は、全く気配がなかったのだが、今回は、大サービス。何度も右へ行ったり左へ飛んだり、愛想が良い。飛び跳ねている様子が、何とも愛らしい。今度、会えるのは、来季だろうか。久しぶりの嬉しい出会いであった。

2020/3/29 モズ Bull-headed Shrike

モズの画像

シギチを探しに出掛けた田園地帯。春の渡りには、まだ早くひっそりと何ともわびしい限りである。なかなか出会いの機会のなかったオオジュリンに3箇所で出会い、気を良くして辺りをグルグル回ってみる。水辺近くで見かけるのは、カワウばかり。手前の枯れ草のところに鳥影が見えた。

良く見るとモズである。モズは、体は小さいが猛禽である。枯れ木にとまって、じっとしているが、獲物を物色中なのだろう。これから繁殖の時期を迎え、モズとの出会いの機会が増えることだろう。

2020/3/28 ミツユビカモメ Black-legged Kittiwake

ミツユビカモメの画像

鳥たちの移動の時期を迎え、出会いは、難しいかとも思いながら、足を運んでみた海辺。やはりあれほどたくさんいたクロガモは、わずかに残るだけとなり、ビロードキンクロの姿もなかった。

しかし、嬉しいことに前回、全く姿を確認出来なかったミツユビカモメを数個体、観察することが出来た。普通、鳥見をするときは、鳥との距離をかなり保たなければならないが、ミツユビカモメは、ほとんど警戒心がない様子で、こちらが驚いてしまった。今度、海辺を訪れるときは、もっと時間をかけて観察したいと思う。

2020/3/27 メジロ Japanese White-eye

メジロの画像

思いがけずイソヒヨドリに出会った後、シジュウカラやコゲラの声がするので、辺りを見渡すと、真っ白な小さな花のところで動く鳥影がふたつ見えた。これは、梅だろうか。見上げる高い位置にある木なので、近づくことも出来ない。

ファインダーを覗いてみると、何と小さな鳥影は、メジロであった。背の低い私が、見上げるので、何とも撮りにくい。それでも出会いが嬉しくて撮ってみた。かなり暗い日であったので、色が出にくいが嬉しい出会いであった。少し歩くとヤマブキが咲き、シャガの花もいくつかほころんでいた。

2020/3/26 ヒヨドリ Brown-eared Bulbul

ヒヨドリの画像

川沿いの道をゆっくり歩く。土手のところで目に付くのは、ネコヤナギ。柔らかくてフワフワした感じが何とも言えず大好きである。あまり歩けないので、しばらくじっとしていると、目の前にエナガが飛んで来た。しかし、ごちゃごちゃした小枝がエナガの姿を遮り、写真は、難しい。

少し離れたところでは、白いヒヨドリが、何やら啄んでいる。何か花の芽だろうか。いや、どうやら違うようだ。何と、蜂のようである。嘴には、黄色い花粉がいっぱいついていたので、お花の後は、タンパク質補給なのかもしれない。白さ故に、猛禽に狙われていると聞く。元気で精一杯生きて欲しいものである。

2020/3/25 イソヒヨドリ Blue Rock Thrush

イソヒヨドリの画像

歩くことが大変になってしまい、限られた場所での探鳥しか出来ないが、近隣の散歩は、気が向いたとき、時折、出掛けている。河津桜の頃は、メジロやヒヨドリとの出会いが楽しみであったが、今はもう、ほとんどムクドリに会うくらいで寂しい限りである。

そのようなことを考えながら歩いていると、目の前を横切った鳥がいた。枯れ木にとまったので、「たまには、ムクドリでも撮ってあげよう」との生意気な気持ちで、カメラを向け、ファインダーを覗いてビックリ!!!何とイソヒヨドリであった。住宅地にイソヒヨドリは、進出していると聞いているが、散歩道で出会えるとは!

思いがけない嬉しい出会いであった。

2020/3/24 ハジロカイツブリ Black-necked Grebe

ハジロカイツブリの画像

出掛けるまでは、かなりためらいがあった海辺だが、一度出掛けてみると、シギチ・フィールドとは、また違った新鮮な出会いがあり、また足を運んでみることにした。

前回は、間近にビロードキンクロを見たり、クロガモを見たり、感動、また感動の連続であった。しかし、鳥たちの移動の時期になったのだろうか。海辺は、ひっそりとしている。クロガモだけは、遠くに雄と雌の姿が見える。スズガモは、かなり近くまで寄って来てくれるが、他の鳥たちの姿がない。

ぼんやり海を眺めていると、すぐ目の前にカイツブリらしい気配。ハジロカイツブリの夏羽に換羽中の個体である。金色の飾り羽は、未完成だが、冬羽とは違って印象的である。周りを見ても、この1羽しかいない様子である。例年、群れで見られるハジロカイツブリ。また、どこかで出会う機会があるだろうか。楽しみに待ちたいと思う。

2020/3/23 シメ Hawfinch

シメの画像

ヒレンジャクに出会った林の中で、元気に飛び回っている鳥がいた。数羽のシメである。今季、シメとの出会いもなかなかなかったので嬉しくなってレンズを向けた。シメの顔は、私には、愛嬌があるように思えて、親しみがあり、好感が持てる鳥のひとつである。

枯れた枝にとまったヒレンジャクのすぐ隣に姿を見せたり、何とも楽しい場面を展開してくれた。嘴が鉛色になる頃、また会いたいものである。林の中は、とても静かだった。

2020/3/22 ヒレンジャク Japanese Waxwing

ヒレンジャクの画像

久しぶりに聞く♪チリチリ♪チリチリの声。エナガとシジュウカラに出会った後、林の中をゆっくり歩いていると懐かしい声が聞こえて来た。か細い声だが、聞き覚えのある声である。今年は、当たり年と言われているヒレンジャク、キレンジャク。出掛けられる場所が限られているので、私は、なかなかで出会いの機会がなかった。

しかし、嬉しいことに自分の耳で、レンジャクの声を聞き、静かな林の中で、ヒレンジャクの姿を見つけたときは、感動で胸がいっぱいになった。数羽が、さっと飛んで、枯れた枝にとまったり、下草に降りたりしている。早春の林の中での嬉しい出会いのひとこまである。

2020/3/21 オカヨシガモ Gadwall

オカヨシガモンの画像

春の渡りには、まだ早いと思いつつも、田んぼの様子が気になり、足を運んでみることにした。やはりというべきか当然と言うべきか、蓮田地帯は、実に静かであまりにも寂しい結果となった。しかし、ここまで来て、手ぶらで帰るのも情けなく、湖畔沿いに小鳥との出会いを期待して車を走らせてみた。

期待していた小鳥との出会いは、皆無に等しかったが、湖面には、たくさんのカモの姿があった。岸部近くにこれほどたくさんのカモが集まっているのを見たのは、初めてである。とりわけ嬉しかったのは、オカヨシガモの雄と雌に会えたことである。今季、数回、姿を見ているのだが、まともな写真が撮れていなかった。オカヨシガモ雄の羽衣は、シックで美しく、私は大好きである。その折々の出会いを大切に、また蓮田地帯にも足を運んでみたいと思う。

2020/3/20 オオジュリン Common Reed Bunting

オオジュリンの画像

今季、なかなか出会いの機会のなかった鳥のひとつがオオジュリン。数年前までは、沼のほとりで、パキパキ音立てて、採餌するオオジュリンをたくさん見かけたのだが、いつの間にか、姿を見ることがなくなり、何とも寂しい限りであった。

シギチを探しに出掛けた折、川沿いの葦原で、思いがけずオオジュリンに出会った。鳥との出会いは、いつも不思議に思うのだが、一度出会うと、二度、三度。オオジュリンの時もそうである。この後、続けて3カ所でオオジュリンに出会う機会に恵まれた。頭が黒くなりかけている個体もあり、旅立ちの日も近いのかもしれない。決して珍しい鳥ではないが、出会えると嬉しくなってくる。

2020/3/19 ビロードキンクロ Velvet Scoter

ビロードキンクロの画像

今季、海辺では、クロガモの姿をたくさん見かけた。湾内にいるクロガモの雄と雌の大きな群れを見た時は、わが目を疑ったほどである。北海道で初めて見たクロガモは、かなり距離があり、あの哀愁を帯びた鳴き声だけが鮮明に脳裏に刻みつけられているだけである。そして、今季は、ビロードキンクロの若を何個体も見る機会に恵まれた。それもかなり近い距離での出会いであった。

忘れられない光景が、仲間と魚を取り合うシーンである。見ていると微笑ましくて笑みがこぼれるが、当の本人達は、必死であったことだろう。日増しに暖かさを増し、海辺で見られる鳥たちも様子が変わって来ていることだろう。また、ゆっくり訪ねてみたいものである。

2020/3/18 ヒヨドリ Brown-eared Bulbul

ヒヨドリの画像

日に日に暖かさを増し、散歩道の小さな花たちも次々にほころんで心が和んで来る。桜通りのソメイヨシノは、小さな蕾がいつの間にかかなり膨らんで、もうすぐ開花することだろう。暖冬とは言え、寒い冬を過ごした後の何とも言えない開放感。春の訪れは、心を豊かにしてくれるようだ。

川沿いの道をゆっくりゆっくり歩いてみるとネコヤナギがたくさん目につく。時折、姿を見せるのは、シジュウカラ。♪ツツピー♪ツツピー♪ツツピー。シジュウカラのさえずりを間近に聞くと元気になれるような気がする。目の前のネコヤナギに姿を見せたのは、ヒヨドリ。1~2ヶ月前は、真っ白だったようだが、今は、グレーがかっている。他のヒヨドリとは違って、遠くからでも目立つので、危険が多いのではないだろうか。こちらの心配をよそに、白いヒヨドリは、元気に飛び回っていた。

2020/3/17 オナガ Azure-winged Magpie

オナガの画像

私の住んでいる市の鳥は、オナガである。しかし、オナガを見かける機会は、案外少ない。初めてオナガに出会ったのは、10数年前、散歩道の雑木林であった。あの独特の声で鳴く鳥、一体何者だろうと思ったが、姿を見てその美しさに驚いた記憶がある。

そのオナガに、あの思い出の雑木林で出会った。複数のオナガが飛んでいるのが、分かるが高いし、視界を遮るものが多く、なかなかオナガの姿を撮影するのは難しい。しかし、辛抱強く待つと、何とかオナガの姿を見ることが出来た。全部で5羽か6羽いたように思う。久しぶりの嬉しい出会いであった。

2020/3/16 ノスリ Common Buzzard

ノスリの画像

もともと少なかった越冬のシギチだが、蓮田地帯は、いよいよ寂しくなり、春の渡りを待つばかりである。それでも、何か出会いはないかと、蓮田地帯を時折、訪ねている。その蓮田地帯で、良く出会うのがノスリである。電柱にとまっているのを見ることが多いが、出掛ける度にノスリに出会う。

この日も、電柱にとまっているノスリに出会った。さらに田んぼを回ってみると杭の上におっとりとまっているノスリを見かけることが出来た。この冬、ノスリとの出会いは、ずいぶん多かったが、そろそろお別れの時期だろうか。また来季、姿を見せて欲しいものである。