タイトル:九羽の白鳥 とりどり日記

[ 蓮田のひとこま ]

2020/2/17 タヒバリ・クサシギ・セグロセキレイ

今季、越冬のシギチは少ないものの、折々に何かしら出会いがあり、時折、蓮田地帯に足を運んできた。中でも出会いの機会が多かったのが、クサシギである。地味で目立たないシギであるが、私の好きなシギのひとつである。

なかなか出会いの機会のなかったタヒバリだが、一度会えると二度、三度。と言うわけでタヒバリにも何度も出会いの機会があった。何と言っても蓮田で良く出会うのは、セグロセキレイである。不思議なことにハクセキレイよりセグロセキレイに会う機会の方が多いように思う。

見慣れた鳥も視点を変えると雰囲気が違って楽しいものである。

2020/2/16 チョウゲンボウ Common Kestrel

チョウゲンボウの画像

シギチとの出会いを求めて、私は、しばしば田園地帯を訪ねる。特に蓮田地帯を訪れることが多い。今季は、越冬のシギチが少ないと言われているが、少ないなりにその折々に出会いがあり、何とも有り難いことと思っている。

今季、出会いの機会が多いのがクサシギである。そのクサシギに出会った後、ゆっくり車を走らせていると、目の前にチョウゲンボウがとまっている。少し前に車の横をチョウゲンボウが飛んで行ったが、まさか目の前に止まっているとは!驚きながら、レンズを向け数枚撮らせてもらった。嬉しい出会いであった。

2020/2/15 ヒメウ Pelagic Cormorant

ヒメウの画像

私は、しばしば田園地帯を回る。そのとき良く出会うのがカワウである。比較的大きな川で見かけることが多いが、電柱にとまっていたり、小さな用水路で見かけたり、カワウとの出会いの機会は多い。海辺では、カワウやウミウの他に、ヒメウを時々見かける。

今回も数カ所でヒメウを見かけた。よくよく見れば、それぞれに羽の色が違っていて、なかなか興味深い。夏羽になると目の周りが赤くなり魅力的になるが、その姿を間近に見たことがまだない。いつかその姿をじっくり見てみたいものである。

2020/2/14 ウミアイサ Red-breasted Merganser

ウミアイサの画像

久しぶりの海辺では、ウミアイサも姿を見せてくれた。停泊している大きな漁船の近くで、潜ったり、ぷっかり浮かび上がったりを繰り返していた。雄も雌も姿を見せてくれたのだが、近くには、カモメがいて、集団でウミアイサを襲う。まさにギャングである。ウミアイサが、何度も潜水を繰り返すのは、食事の調達のためである。しかし、折角、ご馳走を見つけて浮かび上がって来ても、待ち構えていたカモメに強奪されてしまう。

何とか写真を撮りたいと思うのだが、カモメに妨害されて、どうにもならない。折角のチャンスであったが、ウミアイサは、どんどん遠ざかり、撮影不可の状態になってしまった。何とも残念なことであった。

2020/2/13 アカエリカイツブリ Red-necked Grebe

アカエリカイツブリの画像

冬の海辺で出会いの機会の多いのが、カイツブリ類である。一番出会いの機会の多いのが、カンムリカイツブリ、続いてハジロカイツブリ。アカエリカイツブリにも良く出会う。ミミカイツブリとの出会いの機会は、比較的少ない。

今回、アカエリカイツブリには、数カ所で出会った。距離がありすぎ、撮影を断念した場合も多い。美味しそうな魚をゲットした場面も見ることが出来た。首のところが赤味を増す頃まで、滞在して欲しいものである。

2020/2/12 シノリガモ Harlequin Duck

シノリガモの画像

久しぶりの海辺では、シノリガモにも出会った。雄にも会いたかったが、出会ったのは、シノリガモの雌、1羽のみであった。すぐ目の前の海に、ポコンと姿を見せたシノリガモ。アッという間に遠ざかってしまったが、久々の出会いで嬉しかった。

今まで出会ったシノリガモは、大抵、荒波が砕け散るような場所での出会いが多かったが、今回は、穏やかな湾内である。手が届くと言う言葉があるが、一番近いときには、まさに手が届くほどの距離であった。今度、海辺を訪れるとき、シノリガモの雄が、姿を見せてくれるだろうか。楽しみである。

2020/2/11 クロガモ Black Scoter

クロガモの画像

久々の海辺では、ずいぶんたくさんのクロガモを見ることが出来た。今まで、この地でクロガモを見たのは、いつも少数であったし、距離もそれなりにあったので、思うような撮影には至らなかったように思う。今回、クロガモが目の前で鳴く姿を見ることが出来、感無量であった。

初めてクロガモの鳴く声を聞いたのは、北海道であったが、距離があったし、どのような姿で鳴いていたのか定かではない。あの哀愁を帯びたようなクロガモの声。あれは、ディスプレイであったのだと、後になって知った。そして、今回、その姿をじっくり観察することが出来たのは、何とも幸運なことであった。

2020/2/10 ビロードキンクロ Velvet Scoter

ビロードキンクロの画像

気になりながら、なかなか出掛ける勇気が湧かなかった海辺。ビロードキンクロ若が見られているとお声をかけて頂き、思い切って出掛けてみることにした。

久しぶりに見る海辺は、新鮮で胸弾む思いがする。かつて冬になると何度か足を運んだものであったが、体調を崩し、すっかり海が遠くなってしまった。大きな漁船、カモメの群れ、磯の香り。すべてが懐かしい思い出の中から、よみがえり、今、私の目の前にある。あふれるような感動を胸に、海を見つめる。

双眼鏡を覗くと、カモメの群れの奥に白斑の目立つ鳥がいる。ぐるっと回って近づいてみると予想的中。ビロードキンクロ若であった。何年ぶりの出会いであろうか。嬉しい嬉しい出会いであった。

2020/2/9 ツルシギ Spotted Redshank

ツルシギの画像

何度も触れるが、今季出会いの機会の多いのがツルシギである。近くの沼のほとりでも数回、観察しているのだが、蓮田での出会いは、更に多い。蓮田で出会うのは、いつも同じ個体なのだが、日によって居場所が違うので、いつも新鮮な思いで観察している。

この日は、同じ蓮田にツルシギとオオハシシギとセイタカシギの姿が見えたが、それぞれに熱心に採餌していて、ツルシギが近くに来ることが多かった。冬羽のツルシギの姿を間近にゆっくり観察することが出来て、至福のときを過ごせたのである。

2020/2/8 タゲリ Northern Lapwing

タゲリの画像

今季、何度も田園地帯を回っているが、出会いの機会の多いのが、タゲリである。昨シーズンは、タゲリを見る機会が少なかったように思うので、嬉しい限りである。

広い蓮田にポツンと1羽。それは、大抵、タゲリである。しかし、この日は、10数羽のタゲリが、枯れた稲穂がわずかに残る田んぼに降り立った。手前の草が視界を遮り、何とも見えにくいのだが、1羽のタゲリが水浴びを始めるのが見えた。バシャバシャバシャバシャ。何とも豪快である。続いて2羽、3羽。10数羽のタゲリの半数が、水浴びを始めた。枯れた稲穂が彼らの姿をほとんど隠してしまうのが残念だが、今まで見たことのない光景に心奪われるひとときであった。

2020/2/7 イソシギ Common Sandpiper

イソシギの画像

以前は、近くの田んぼや川岸で、見かけることの多かったイソシギ。ここ数年、ずいぶん出会いの機会が減っているように思う。この冬、クサシギには、何度も出会ったが、イソシギを見かけたのは、一度だけである。田んぼを回るとき、ずいぶん気をつけているので、見落としているわけではないように思う。

そのイソシギにようやく会えた。蓮田の一角、枯れ草が広がるところに、ひょいと飛んで来たのが、イソシギだった。何とも可愛い顔をしている。何とか違う角度も撮りたいと思ったが、同じ姿勢で動かない。ふと左の方を見ると、何ともう1羽イソシギがいる。一度に2羽のイソシギ。嬉しい出会いであった。

2020/2/6 クサシギ Green Sandpiper

クサシギの画像

ほとんど収穫の済んだ蓮田が広がる田園地帯は、殺風景ではあるが、何とも心和み心落ち着くところでもある。出会いを期待しているのは、何度も触れるが越冬のシギチである。

この冬、出会いの機会が多いのがクサシギである。クサシギは、警戒心が強く飛ばれることが多い。しかし、今季は、何度も撮影の機会に恵まれた。そのひとつが、クサシギの水浴びである。背景が波板で、何とも味気ないのだが、豪快に水しぶきを上げているクサシギを見る機会は、なかなかないのではないかと思う。

蓮田での嬉しい出会いのひとこまである。

2020/2/5 ツルシギ と オオハシシギ

ツルシギ と オオハシシギの画像

今季、蓮田では、ツルシギとオオハシシギが、それぞれ1羽。仲良く採餌したり、休憩したりするシーンを何度も見かけている。異なる種のシギなのだが、余程、意気投合したのだろうか。2羽は、兄弟かカップルであるかのように何とも仲睦まじい雰囲気なのである。

この日もツルシギとオオハシシギが、つかず離れず寄り添うように行動していた。雰囲気的には、ツルシギがお姉さんで、オオハシシギは、姉を慕う弟のようにも見えて微笑ましく心和むひとときを過ごすことが出来たのである。

2020/2/4 ホオジロ・他

ホオジロの画像

静かでのどかな冬の田んぼ。私が訪ねるのは、蓮田が多い。お目当ては、越冬のシギチであるが、他にも色々な出会いがある。鳥たち、特にシギたちにとって悩ましい存在である蓮田の防鳥ネット。このネットの上にチョコンととまっているホオジロを時々見かける。以前は、カシラダカも良く見かけたのだが、今季は、そのような出会いはない。

ツグミやハクセキレイ、カワラヒワ、カワセミを見かけたこともある。小さな鳥たちにとっては、ネットに絡まることもなく、安心してとまれる場所なのだろうか。

2020/2/3 タシギ Common Snipe

タシギの画像

冬の蓮田で出会いが多いのが、タシギである。ひとつの蓮田に多いときには、30羽くらいのタシギが集まっていることがある。しかし、何故か、この冬、出会いの機会が少ない。

そのような中で、1羽のタシギが静かに姿を見せてくれた。蓮田の水面が、水色でとても爽やかな雰囲気であった。綺麗に水鏡になり、いつも見るタシギとは、印象を異にして、美しかった。もう1箇所では、まだ収穫の済んでいない蓮田で、見え隠れする20羽ほどのタシギの群れを見ることが出来た。ほとんど写真にならなかったが、何とか1枚撮ることが出来た。

まだまだ出会いの機会は、これからだろうか。

2020/2/2 ツルシギ Spotted Redshank

ツルシギの画像

相変わらずの蓮田通い。少数ながら越冬しているシギチとの出会いを求めての蓮田探訪である。この冬、2箇所で出会っているツルシギだが、どちらも警戒心が薄く、かなり近くでの観察が可能である。

この日は、わずかながら蓮田に緑のあるところに姿を見せてくれた。春がそこまでという感じで嬉しくなってくる。傍らには、オオハシシギが寄り添うようにいて、何とも微笑ましい。

このような出会いがあるから、蓮田通いは、やめられない。

2020/2/1 オオハシシギ Long-billed Dowitcher

オオハシシギの画像

越冬しているシギチとの出会いを求めて、相変わらず蓮田通いを続けている。蓮田通いと言っても、それほど頻繁に訪れる訳ではないのだが、出会いはいつも新鮮で、同じ鳥でも訪れる日によって環境が違い、雰囲気が違うので、いつも楽しい気分で観察することが出来る。

この日の出会いは、オオハシシギ。一度16羽を観察したところでは、何故かその後の出会いがなく、別のところで1羽のオオハシシギをゆっくり観察することが出来た。オオハシシギは、とても地味で目立たないシギだが、その羽模様は、美しく大好きなシギである。暖かくなる春先まで、ゆっくり滞在して欲しいものである。

2020/1/31 冬の田園風景

カワラヒワの画像

冬枯れの田んぼが広がる光景が、私は大好きで、時折、ゆっくり回ってみる。以前は、たくさん見かけたカワラヒワやホオジロ、カシラダカなど、昨今は、ほとんど出会いの機会がなく寂しい限りである。

今季、数年ぶりに姿を見せてくれたコミミズク。夕暮れが迫る田んぼで姿を見ることが出来た。電柱近くには、ノスリがとまり、辺りを見渡している。田んぼを横切ったのは、2羽のキジ。枯れ草のところに入ってしまうとほとんど分らなくなってしまう。

今度は、もう少し明るい時間帯に回ってみたいものである。

2020/1/30 タカブシギ Wood Sandpiper

タカブシギの画像

越冬のシギチとの出会いを求めて、時折、足を運ぶ蓮田地帯。収穫の済んだ蓮田がほとんどで、ずいぶんひっそりと寂しい光景が広がっている。その蓮田で、時折、姿を見かけるのがタカブシギである。

タカブシギは、以前に比べると個体数が激減しているとのこと、各地でかなり憂えの声を聞くが、幸いなことに私が出掛ける蓮田では、かなりの数が越冬しているのではないかと思われる。

この日、数カ所でタカブシギの姿を目にすることが出来た。相変わらず警戒心が強いので、車からの観察いに限られるが出会うと嬉しいシギである。

2020/1/29 冬の田園風景

スズメの画像

冬枯れの田んぼが広がる田園地帯。鳥との出会いを求めてゆっくり回ってみる。一番気になっているのは、オオヒシクイ。今季、今までで最大の飛来数と聞いているが、なかなか近くでは、観察出来ないらしい。周囲の蓮田には、ほとんど鳥影なく、ハクセキレイを見かけただけである。かなり離れたところにひとかたまり鳥影が見えて来た。どうやらオオヒシクイらしい。遠すぎて写真は、かなり難しい。

他の出会いを求めて回ってみると遠くに白い鳥影。双眼鏡で見るとノスリのようである。いつも見るノスリよりかなり白っぽい。オオタカの食べ残しを見つけたようで、熱心にお食事中。そのようなシーンは、撮影カット。次に出会ったのは、スズメ。ホッとして心和むひとときを過ごすことが出来た。

2020/1/28 ハマシギ Dunlin

ハマシギの画像

収穫の済んだ蓮田は、鳥たちにとって、憩いの場になっているようである。広々と続く蓮田地帯をシギチの姿を求めて回るのだが、どうやら好みの場所があるらしく、集まっている田んぼは限られているようだ。前回、タカブシギやタシギ、オオハシシギなどを観察したところに小さなシギの姿が見える。少しずつ近づいてみると、どうやらハマシギのようである。その数、おそらく70羽から80羽くらいではなかったろう か。

いくつかのグループに分かれているようで、30羽くらいが固まって休んだり、10羽くらいが固まって採餌したり、ひとつの蓮田をハマシギが埋め尽くすという感じであった。以前は、干潟で見る機会が多かったハマシギだが、今は、干潟へ行くことが困難になり、田んぼでの出会いばかりである。今度は、ハマシギが群れ飛ぶ姿を見たいものである。

2020/1/27 オジロトウネン Temminck's Stint

オジロトウネンの画像

越冬のシギチに会いたくて、相変わらず時折、蓮田地帯に足を運んでいる。今季は、各地で冬鳥が少ないと嘆きの声が聞かれるが、越冬のシギチも決して多くはない。むしろ少ないと言う方が適切なのかもしれない。しかし、幸いなことに出掛ける度に、何かしらシギチに会えるので、隣県まで足を運んでいる次第である。

秋の渡りの時には、かなりまとまった数のオジロトウネンをゆっくり観察する機会に何度か恵まれたのだが、今季、越冬しているオジロトウネンとの出会いは、案外少ない。そのような中で、この日は、12羽のオジロトウネンに出会った。かなり離れた場所から、小さな姿を見つけた時は、胸が高鳴った。少しずつ少しずつ接近して、なんとか撮影出来たときは、ほっとした。数えてみると12羽。それぞれが思い思いに採餌しているので、まとまった姿を撮影出来なかったが、何とも嬉しい出会いであった。

2020/1/26 アオアシシギ Common Greenshank

アオアシシギの画像

冬の蓮田は、ひっそりとしていて、何ともわびしい気持ちになるが、越冬しているシギチに出会えると俄然、体に熱い物がわき上がり、元気が出て来る。

アオアシシギは、数も出会いの機会も少ないものの、毎年、越冬しているようで、何回か姿を確認している。少し前の出会いであるが、晴天の日と小雨模様の日。2羽のアオアシシギに出会った。印象が、ずいぶん違うのだが、おそらく同一個体ではないかと思っている。どこかで越冬していると思うのだが、その後、なかなか出会いの機会がない。また、会いたいものである。

2020/1/25 アカハラ Brown-headed Thrush

アカハラの画像

松林のある静かな公園。♫チッチッという小鳥の声に誘われて、園内をゆっくり歩いてみることにした。最初に目に入ったのは、アオジ。枯れ草の中から飛び立って、すぐに姿を消した。何とかアオジを撮りたいと辺りを探したが、ちらっと姿を見せて、すぐ潜り込んでしまう。

少し歩いてみると、今度は、目の前を飛んだ鳥がいる。ツグミとアカハラだった。ツグミとの出会いは多いが、アカハラには、なかなか会えないので、アカハラの行方を目で追ってみる。少し距離はあるが、程よい位置にとまってくれた。今季、二度目のアカハラとの出会い。ゆっくり出会いを楽しむことが出来た。

2020/1/24 クサシギ Green Sandpiper

クサシギの画像

越冬のシギチに会いたくて、時折蓮田に足を運ぶ。数は少ないものの、折々にシギたちとの出会いがあり、嬉しい限りである。その出会いの中で、特に多いのが、クサシギである。同じ日に、4箇所で出会ったことがある。1箇所では、3羽のクサシギが仲良く行動を共にしていて、もしかしてファミリーかしらと思った次第である。

偶然であるが、羽を広げてくれたことがある。もう少し角度が違っていたらと欲が出るが、このような機会は滅多にないので、感謝あるのみである。

2020/1/23 タゲリ Northern Lapwing

タゲリの画像

越冬しているシギチに会いたくて時折、蓮田地帯を訪れる。日によって出会いは様々だが、少ないながらも何かしら出会いがあるので、それを楽しみに足を運んでいる。

秋の渡りが済んで、しばらく蓮田は、もぬけの殻のようになってしまったが、1カ所、タシギとタカブシギを見かけた蓮田があった。しかし、それも一度だけで、その後、何度訪れても蓮田は、空っぽ。寂しい限りであった。それでも、訪れる度に、その蓮田を覗いていたのだが、やっとタゲリの群れが入っている場面に出会った。

金属光沢の羽の色が、今ひとつであったが、タゲリの様子を観察していると、1羽が水浴びを始めた。蓮田の水なので、泥水である。たっぷり時間をかけてタゲリは水浴びを楽しみ、さっぱりした様子でスタスタと歩いて遠ざかって行った。

2020/1/22 タヒバリ Buff-bellied Pipit

タヒバリの画像

今季、なかなか出会いの機会に恵まれない鳥のひとつがタヒバリであった。ところが、一度出会えると二度、三度。と言うわけで、この頃、タヒバリに良く出会う。

1カ所は、松林のある公園での出会いであった。環境から、その個体をビンズイと思って撮影したのだが、画像を取り込んで良く見ると違和感がある。詳しい方にお尋ねするとやはりビンズイではなく、タヒバリとの見解をいただいた。眼後方の白斑がない。体下面の縦斑が細い。体上面のオリーブ色みに乏しい。眉斑も不明瞭である。下嘴と脚が橙色味を帯びて見えるなどビンズイとは異なるとのことをご教示頂いたのである。

もう1カ所は、蓮田であった。これは、間違いなくタヒバリであると分かったのだが、環境だけで早とちりしてはいけないとしみじみ思った次第である。

2020/1/21 湖畔の鳥たち

ホオジロの画像

静かな湖畔をゆっくりのんびり回ってみる。枯れ草があり、程よい位置に程よい大きさの木があり、小鳥たちがとまるのにちょうど良いようである。前回、湖畔にそってゆっくり回った時は、ベニマシコの声を聞いて姿を見つけ嬉しかったが、今回は残念ながらベニマシコとの出会いはなかった。ただ上空を飛んでいるチュウヒを見つけた時は嬉しかった。

ホオジロは2カ所で見かけたが、すっきり撮影出来たのは1カ所だけである。メジロも自宅で声を聞くことは多いのだが、姿を見ることが出来たのは久しぶりである。アオジとの出会いは、今季初めてであった。ヒヨドリだけは、すこぶる元気が良くて湖畔のあちこちで声を張り上げていた。

また、ゆっくり湖畔を回ってみたいものである。